国内外から40余りの孔廟、儒学機関がグローバル「雲祭孔」イベントに参加

ソース:中国孔子網作者: 2021-09-19 10:40

 9月17日、2021「グローバル雲祭孔」(雲祭孔:孔子の墓地に直接赴かずオンラインで祭祀を行う)が正式に幕を開いた。同イベントは尼山世界儒学センター、中国孔子基金会、中国共産党済寧市委員会宣伝部により主催し、中国孔子網、済寧市文化伝承発展センターが運営し、中国孔廟保護協会の協力で、国内外の40余りの孔子廟、儒学機構が共同で参加した。イベントは2021「グローバル雲祭孔」のネット中継、「私の心の中の孔子像」マイクロビデオ募集、「拱手の礼」ショートビデオトピック挑戦、「オンライン祭孔」など多くのシリーズイベントが含まれている。

 2021「グローバル雲祭孔」のネット中継イベントは、中国孔子網を主陣地とし、曲阜孔廟、黔州孔廟、岳麓書院、建水文廟、南京夫子廟、滄州文廟、正定文廟、長春文廟、吉林文廟、ハルビン文廟、太原文廟、常熟文廟、山東膠州孔子六芸文化園及び韓国成均館と温陽郷学校など40余りの孔子廟、儒学機構が参加した。同時に国内外の孔廟と関連組織と連絡して、祭孔ビデオ素材を収集し、共に偉大な思想家、教育家、儒家学派創始者孔子生誕2572周年を記念した。

 同イベントは山東省華僑連合会、山東省翻訳協会と協力し、共同で華僑及び海外にいる留学生及と外国人留学生に向けて、「私の心の中の孔子像」の微動画を募集し、祭孔中継時に提示する。同時に「拱手の礼」Tikotok、クアイショウ、ウェイボーの撮影活動を打ち出し、拱手の礼と日常マナー知識を普及させる。また、中国孔子網オンライン祭孔プラットフォームを通じて、携帯で孔子に花かごを捧げ、孔子への尊崇と尊敬を表すことができる。

編集:高华

文章と写真の著作権は元の作者に属します。侵害があれば、削除に連絡してください。