鄭暁華様:書法は千年以上の「中国ストーリー」

ソース:作者: 2022-09-30 14:59

 9月26日から28日、2022中国(曲阜)国際孔子文化祭、第8回尼山世界文明フォーラムは曲阜市で開催しました。22箇所国と地域から来た約800名専門家学者は、オンラインと現場の二つ形で、フォーラム、インタビュー、コミュニケーション体験活動を参加し、「人類文明の多様化と人類共通価値」についてコミュニケーションし、人類文明発展に「尼山知恵」を貢献しました。

 鄭暁華様:中国書法家协会分党组副書記、秘書長长)

 尼山芸術フォーラムが開催する前に、中国優秀な文化クラシック全国書法篆刻名家逸品展示会は、尼山講堂で開催し、中国書法家协会分党组副書記、秘書長长鄭暁華様は、漢字は中国文明の重要な伝承で、書法は中国文明の宝で、歴史記録を負い、時代使命を反映し、感情を表現し、生活を悟る機能を持ち、優秀な伝統文化「二つ創造」の中で重要な役割を立ちました。

 鄭暁華様は、初歩は中国芸術の常緑樹で、千年歴史の流れで、古くて曲がりくねったモノ語りです。現代書法の発展で、今までない歴史チャンスを迎えます。国政策でも、社会普及でも、書法人材チームの建設でも、展示、出版、伝播などすべての領域でも、我々は歴史以上に優れている発展条件を持っています。

編集:张懿程

文章と写真の著作権は元の作者に属します。侵害があれば、削除に連絡してください。