茅忠群様:中華の優れた伝統文化を核心とする企業管理の道

ソース:作者: 2022-09-30 15:19

 9月26日から28日、2022中国(曲阜)国際孔子文化祭、第8回尼山世界文明フォーラムは曲阜市で開催しました。22箇所国と地域から来た約800名専門家学者は、オンラインと現場の二つ形で、フォーラム、インタビュー、コミュニケーション体験活動を参加し、「人類文明の多様化と人類共通価値」についてコミュニケーションし、人類文明発展に「尼山知恵」を貢献しました。

(茅忠群様:方太グループ会長兼総裁)

 高度な文化的自信がなければ、文化の繁栄がなければ、中華民族の偉大な復興はない。私たちの第二百年目標の実現には、GDPだけでなく、文化の繁栄と復興が必要だ。家文化は中国の伝統文化の核心であり、今の時代においては極めて重要である」。茅忠群様は文化への自信について自分の見解を持っている。

 2008年、西洋の管理が盛んになった時、方太はすでに中国優れた文化を企業管理に導入し始め、企業で「孔子堂」を設立し、従業員が朝中国優れた文化の経典を読むことを提唱した。「道のは政を以て、斉のは刑を以て、民は免れて恥知らずである、道のは徳を以て、斉のは政を以て、恥辱且格がある」。方太グループの茅忠群会長兼総裁は、「企業は伝統文化を道とし、これが管理モデルの核心であり、徳をもって企業を治め、法治企業をもっているが、西洋の経営管理モデルは術であり、方法であり、企業はこの中西折衷の文化管理モデルのおかげで、2021年に方太の売上額は155億元を突破し、厨電業界をリードし続けている」と述べた。

編集:张懿程

文章と写真の著作権は元の作者に属します。侵害があれば、削除に連絡してください。