敦煌の「直列」グローバルパートナー:子創基地の雲を結んでシルクロードの物語を語る

ソース:中新サイトから作者: 2022-11-17 14:29

  今年に入ってから、シルクロードの名城である甘粛省敦煌市は国際友好都市を締結することを通じて、「一帯一路」の交流と協力を推進し、「一帯一路」を悟る文化基地を作り、「雲に乗って」シルクロードの物語を語り、敦煌文化の国際的影響力を高める。ここ数年来、敦煌は「一帯一路」の発展のチャンスを先取りし、各方面の資源を統合して敦煌文化を伝承・発揚し、敦煌文化の「出て行く」ことを多角的に推進してきた。

 

  今年、敦煌はアルメニア、ドイツ、マルタ、ウズベキスタン、ロシア、ナイジェリア、日本などのグローバルパートナーと相次いで、「敦煌文化グローバルコネクション」オンライン特別講座を行った。日本の鎌倉市、臼杵市、日光市、スウェーデンのオーモア市、韓国の南海郡、インドのマハラシュトラ州オランガバード市など8カ国10都市と友好的な往来を続けている。

  それだけでなく、海外の10数国の専門家や学者が敦煌を訪れ、敦煌も16人を海外6カ国と9地域に派遣して敦煌の社会文化、観光貿易、発展の優位性と建設の成果を紹介し、都市計画、教育資源などについて学習交流を行った。

  敦煌文化のより良い伝播と普及のために、敦煌研究院は「莫高学堂」の研究課程を発表した。これにより、敦煌研究院は「世界遺産青少年教育基地」の称号を授与された。

  「敦煌ダンスは美しいですね!」「勧君はもっと酒を飲んで、西は陽関を出て故人がいない。敦煌は詩と遠方だよ」。雲の上で、敦煌研究院は共同で「敦煌旅行」を発売し、世界中の友人が敦煌にもっと親しむことができ、いつでもどこでも敦煌の宝庫から知識を学び、芸術の美を楽しむことができるようにした。

編集:宫英英

文章と写真の著作権は元の作者に属します。侵害があれば、削除に連絡してください。