中華文明の起源に焦点当て 国家文物局が「考古中国」重要プロジェクトの進展を発表

ソース:央視新聞クライアント作者: 2023-12-01 13:36

 11月29日、国家文物局は北京で「考古中国」重大プロジェクト進展工作会を開き、浙江省杭州良渚古城及び水利システム遺跡、江蘇省常州寺墩遺跡、湖北省沙洋城河遺跡、南島語族の起源と拡散研究をいう4つの考古最新進展を通報した。

 今回通報された4つの考古学的発見と研究は、「考古中国」の重要プロジェクトである長江下流域文明モデル研究、長江中流文明プロセス研究(新石器時代)、南島語族の起源と拡散研究などにおける重要な研究成果である。国家文物局は「考古中国」重要プロジェクトの枠組みの下で、重要な課題に対した難関攻略を持続的に推進し、考古学理論の革新に活力を注入するために、「大考古」の理念に立脚しながら、人文社会学科、現代科学技術と考古学の深い融合を強化し、考古成果の社会共有を全面的に促進し、社会大衆の正しい歴史認識を形成するよう導き、中華民族共同体の意識を固める。

編集:董丽娜

文章と写真の著作権は元の作者に属します。侵害があれば、削除に連絡してください。