第7回中国キャンパス伝統演劇祭が深センで開幕

ソース:中国新聞網作者: 2021-11-24 10:19

 11月17日、第7回中国キャンパス伝統演劇祭、広東・香港・マカオグレーターベイエリア青年伝統演劇招待展と2021南山伝統演劇祭が深セン南山で開かれた。

 今回の伝統演劇祭は「同」をテーマとし、「第7回中国キャンパス伝統演劇祭」「広東・香港・マカオグレーターベイエリア青年伝統演劇招待展」「フォーラムと講座」「屋外公演」の4つのプレートに分けられ、各大学、香港・マカオ・台湾及び深セン本土と大陸部から代表的な38の伝統演劇チームが参加した。当日から12月2日まで、25場の演目が交互に上演され、半月にわたる素晴らしいショーが愛好者達を存分に満足させるだろう。

 今回の演劇祭は「同」のテーマをめぐって行われた新しい試みであり、演劇演目の形式は新劇、舞劇、潮劇、仮面劇、児童劇とミュージカルなどを含む。

 演劇祭期間中、いくつかの屋外街区の演劇インタラクティブイベントが開催され、ラテンジャズ、フラッシュショー、近景マジックなど13の屋外ブロックが開催され、内容は寄席類、演劇類、人形類などをカバーする。中国国内の演劇の多元化を表現し、非伝統劇場内の公共空間で総合的な演劇公演を行う。

 中国の伝統的な戯曲の記憶を呼び覚ますべく、小さな舞台で広東劇、婺劇などの折子戯、戯曲カンフーなどを主要な演技内容とし、中国戯曲の舞台記憶を現代都市の公共空間に融合させ、「新時代の中国味」を構築する。人形、影絵芝居、現代人形、ロボット、不倒翁パフォーマンスなど様々な屋台パフォーマンスでは、観客は出演者と近距離で接触し、演者と一緒に公演を完成することができ、観客と舞台出演者の壁を打ち破った。

 今回の演劇祭は「オンライン+オフライン」の方式で、16回の生放送があり、伝統演劇と若者の距離を近づけた。また、演劇の特徴と合わせて、視聴者に映画ドラマ、ゲームなどの他の芸術形式とは異なる新しい体験を提供した。 

編集:高华

文章と写真の著作権は元の作者に属します。侵害があれば、削除に連絡してください。