山東から文化的な 「二つの創造 」を実感 無形文化遺産砂陶チャリティーイベントが大人気

ソース:中国孔子網作者: 2022-06-16 10:58

 済南市歴城区虞山書院の無形文化遺産育成基地で、文化「二創」チームは砂陶焼成技術の継承者であり、春泥創造工房の創設者である高裕傑と面会した。高裕傑氏らは公益活動に熱心で、砂陶器焼成技術の社会的価値を積極的にアピールしている。地域や障害者団体を対象に100回近い公開レッスンを行い、延べ1,500人以上が芸術を体験し、15人の障害者訓練生を計画的に育成し、芸術と収入を増やすための技術を習得させ、興味育成と職業訓練の二重効果を実現している。

砂陶焼成技術の継承者であり、春泥創造工房の創設者である高裕傑

春泥創造工房の砂陶作品

春泥創造工房作品

高裕傑が地域の高齢者に陶芸を教える

編集:高华

文章と写真の著作権は元の作者に属します。侵害があれば、削除に連絡してください。