山東から文化的な 「二つの創造 」を実感 楊家埠民俗芸術大観園入り

ソース:中国孔子網作者: 2022-06-22 15:23

 楊家埠風景区は、濰坊市寒亭区に位置して、楊家埠民俗芸術大観園は国家AAAA級観光スポットであり、景観面積は350アールであり、庭園は新年絵と凧を主とし、民俗をテーマとする。園内には、千年芸術の奇観といわれる「文潤閣」、中国の精緻な凧を集めた「凧博物館」、中国内外で有名な楊家埠木版画を集めた「新年絵博物館」などがある。楊家埠民俗芸術園は国家無形文化遺産生産保護模範基地、山東省「農村記憶プロジェクト」無形文化遺産博物館、山東省伝統工芸作業場に選ばれ、新年絵と凧の独特な民俗を集め、濰坊漢庭の文化景観を立体的に呈している。

濰坊市寒亭区に位置する楊家埠民俗芸術大観園

大観園内の楊家埠凧博物館

大観園内の楊家埠凧博物館

大観園内の新年画製作工房

大観園で民間芸術先生の顔克臣氏が古代の彫刻芸術を実演

大観園で工芸美術先生の楊美潔氏が新年絵の印刷工程を実演

凧職人が凧に色づけ中

90年代生まれの大学生がが紙凧の結び方を学ぶ

編集:高华

文章と写真の著作権は元の作者に属します。侵害があれば、削除に連絡してください。