龍永図様:儒商と現代商工文明の構築について研究は充分必要とタイムリー

ソース:作者: 2022-09-30 14:15

    9月26日から28日、2022中国(曲阜)国際孔子文化祭、第8回尼山世界文明フォーラムは曲阜市で開催しました。22箇所国と地域から来た約800名専門家学者は、オンラインと現場の二つ形で、フォーラム、インタビュー、コミュニケーション体験活動を参加し、「人類文明の多様化と人類共通価値」についてコミュニケーションし、人類文明発展に「尼山知恵」を貢献しました。
  

「龍永図様:元国家外経済貿易部副部長、博鳌アジアフォーラム元秘書長、グローバル化智庫議長、尼山世界文明フォーラム委会副議長 

 龍永図様は尼山世界文明フォーラム委員会副議長で、中国開放の経験者であり、彼は国際貿易保護主義、一方主義、逆グローバル化傾向が強いの中で、儒商という群体は新しい時代の独特な価値と意義を検討し、儒商と現時代の商工文明の構築について十分に必要です。21年前、中国は全世界に向けて二つ承諾を作りました、1.ルールを守る、2.市場をオープンする。儒家は「人は誠実がないと立てられない」という誠実精神で、「天下を兼ねる」という仁愛と担当精神で、中国は「ルールを守る」、「市場をオープンする」など承諾を守るため、豊かな中国文化の支持で、中国は今逆グローバル化に対応し、世界経済を多様化主義の基礎の上に推進し、「世界は大きいな同じ、天下はひとつ家」を実現し、人類運命共同体を目標として重要な意義です。

  

編集:张懿程

文章と写真の著作権は元の作者に属します。侵害があれば、削除に連絡してください。