「文化包容と都会スタイル」国際友好都市市長「尼山」会話は順調に行い

ソース:中国孔子網作者: 2022-10-02 16:56

 9月26日、第8回尼山世界文明フォーラム·国際友好都市市長(尼山)会話は済寧曲阜市で開催しました。約20国から来た40ペア山東省国際友好都市代表と中国駐在使者代表は今回の活動を参加し、我が都会代表は「文化包容と都会スタイル」をテーマとした会話し、共同に都会を治理する成功した経験と合作チャンスを話し合いし、それぞれの都会の発展と文化魅力を表現できました。会議上では、2022年度山東省の友好項目と「山東の窓口」海外項目を発表しました。

 会議では、山東は「一帯一路」の重要な交点として、今までは93国から912ペア友好協力関係を作り、文化、経済、科技、教育、医療など緊密に協力し、沢山成果を得ました。世界百年変化の背景のしたで、友好都市はますます中国と海外の良い関係を維持し、もっと深く中国と海外のコミュニケーションできる着力し、国際友好都市はより一層中国と海外の人民友好関係でき、「人民はもっと親しみ、心は共通できる」という合作発展など重要な役割になりました。

 会話の中で、青島市市長赵豪志様と友好都会韓国大邱市市长洪准杓様はそれぞれの都会の発展状況を紹介し、劉建軍副市長と秦基勋副市长は「文化包容と都会スタイル」についてコミニュケーションし、ハンガリーミッシュコルツ市市長ポール·ウェルネ様はビデオの形で本都会の特徴を発言し、烟台市副市长韩耀東様とミッシュコルツ市副市長チボル・ソプコ様は投資を強め、経済貿易領域のコミュニケーションと協力について深く検討し、威海市副市长张宏璞様とロシアのソチ市副市長エレナ・ミロスラヴォフナ・カニュク様は他の国際友好都会に各自の文化資源を展開し、文化領域についてより一層協力できるように認識を一致しました。

 活動の中で、国際友好都会市長尼山と合意に達し、国際友好都市の会話制度、友好都会の付き合いを重視し、文明を深め、経済協力を強め、人民福祉を増やし、一緒に都会の美しい未来を作りましょう。 

編集:高华

文章と写真の著作権は元の作者に属します。侵害があれば、削除に連絡してください。