仁礼天下和合大同 2022年世界の「雲祭孔」ネット生中継イベントが順調に開催

ソース:中国孔子網作者: 2022-10-02 16:59

 礼天下、和合大同。9月28日、孔子誕生2573年を記念して、2022世界の「雲祭孔」の大型インターネット生中継イベントが順調に開催された。中国孔子サイト、済寧市文化伝承発展センターは国内外の60余りの孔子廟、文廟、書院、孔子学堂及び文化機関と連携して、プラットフォーム、多形式のクラスター式生中継を行い、国内外の祭孔盛況を全方位に呈し、中華礼楽文化を立体化して解読した。60社以上のメディアプラットフォームが世界の華人向けに同時生中継し、オンライン視聴者数は1200万人余りに達し、先師を祭り、盛事に協力した。

 2022世界の「雲祭孔」ネット中継イベントは、曲阜孔廟、衢州孔廟、湖南岳麓書院、浙江杭州文廟、広西恭城文廟、甘粛天水文廟、山西渾源文廟、山東汶上文廟、ハルビン阿城区文廟、吉林長春文廟、吉林市文廟、韓国恩津郷校などの地方特色ある祭孔式典をパノラマで3時間以上にわたって行った。

 今回の生放送イベントは「済南メイン会場スタジオ+曲阜孔廟、正定文廟、韓国ソウルスタジオ+各地生中継点」の形式で、特に曲阜師範大学特任教授、農村儒学研究院院長、顔子末裔顔炳罡、首都師範大学哲学学部教授、孔子末裔孔徳立をゲスト主演放送室として招待し、視聴者と一緒に各地の孔祭イベントを観覧し、各地の孔祭式を解説し、そして、「今なぜ孔を祭るのか、文廟、書院は儒学の伝播作用、『礼』がどのように大衆生活に入るのか、および儒家文化の海外での影響」などのホットな話題に対して交流と検討を行い、新時代の礼楽文明と儒家思想の現代的価値を深く説明した。

  

  

  

 尼山世界儒学センター孔子研究院の劉続兵副院長、河北省儒学会の高士濤常務副会長、韓国孔子文化センターの朴洪英総裁はそれぞれ山東曲阜、河北正定、韓国ソウルスタジオを訪問し、曲阜孔子廟新時代祭孔式典(公式祭孔)、正定文廟伝統釈奠礼、韓国恩津郷校祭孔式典の3つの代表的な祭孔儀程を系統的に解読し、視聴者に異なる角度、異なる地域の祭孔の手本は、中国優れた伝統文化の独特な魅力を示している。

 大河が奔流し、儒風が滔々としている。黄河流域に根ざした黄河文化は中華文明の中で最も代表的で、最も影響力のある主体文化の一つである。黄河文化に含まれる時代的価値を深く掘り下げるために、「黄河物語」をしっかりと語る。2022年に世界の「雲祭孔」のネット生中継イベントが初めて「黄河に沿って文廟を見る」生中継接続を打ち出し、今年の生中継の最大の目玉となった。

 生中継では、四川省徳陽文廟、山西省太原文廟、甘粛省威武文廟が生中継形式で孔大典の現場を表現した。中国孔子網、済寧市文化伝承発展センターは手を携えて黄省区の主流メディアに沿って、記録短編の形式で、観衆を率いて甘粛蘭州文廟、内モンゴル土黙特文廟、陝西韓城文廟、河南鄭州文廟、済南府学文廟などに入り、文化財の名所の背後にある物語を探訪し、九曲黄河儒学伝承の地域特徴を体験し、豊かで奥深い儒家文化の黄河流域での活性化伝承と盛んな生命力を示した。

 天は仲尼を生まず、万古は長い夜のようだ。孔子の思想は2000年以上の時空を超えて、中華文明の地色を染めて、中華民族の精神的な故郷を照らして、世界文明の発展に中国の知恵を提供した。生中継イベントでは、海外から来た国際友人、華僑、国内の専門家や学者、伝統文化愛好家が、「私の心の中の孔子」を語り、「論語」を共唱するなどの形式を通じて、孔子への敬慕と尊敬の気持ち、中国優れた伝統文化への愛を表現した。

 大哉孔子、万世の師。万民同祭、共に盛挙に協力する。世界の「雲祭孔」は尼山世界儒学センター、中国孔子基金会、山東省文化と観光庁が指導する大型ブランド活動として、6年間の発展を経て、広範な民衆が孔子と儒家思想及び中国優れている伝統文化を理解する重要なきっかけとプラットフォームとなり、中華文化と世界文明の交流相互参照を増進し、人類運命共同体を構築するために、ますます重要な役割を果たしている。 

編集:高华

文章と写真の著作権は元の作者に属します。侵害があれば、削除に連絡してください。